スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)

 21日午前11時50分ごろ、東京都羽村市羽の羽村三慶病院の病室内で、40代男性と60代の女性が腹から血を流して倒れているのを病院関係者が発見した。警視庁によると、2人は重傷。女性は脳梗塞(こうそく)の後遺症で入院していた患者だった。警視庁は、介護に疲れた息子の男性がナイフで女性を刺した後、自殺を図ったとみて調べている。

【関連ニュース】
中国電力:部長が自殺 島根原発調査担当
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
二十歳の手紙:自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く
自殺:対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン
飛び降り自殺:島根原発調査担当・中国電力部長が

アパートで小3女児死亡 近くで母親?自殺か 埼玉(産経新聞)
<訃報>田嶋一彦さん88歳=田島泰彦上智大教授の父(毎日新聞)
「検察審は冷静判断を」=議決前に異例の言及-小沢氏(時事通信)
鳩山首相「一生の戒め」 元秘書有罪判決(産経新聞)
県民大会「民意の表れ」=普天間の危険除去強調-鳩山首相(時事通信)

車掌キセルに駅員関与…「気軽に応じてくれた」(読売新聞)

 大手私鉄・相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを悪用してキセル乗車を繰り返していた問題で、不正にかかわった駅係員はほかに5人いることが16日、相鉄の内部調査でわかった。

 相鉄は同日付で、車掌を懲戒解雇した。

 車掌は、通勤用に都営地下鉄の定期券を購入する度、相鉄の駅係員に頼んで同システムを解除してもらい、定期券に入場記録がなくても改札を出られるようにしていた。調査に対し、「頼んだ係員は5人。名前は分からない」と答えたという。「みな気軽に応じてくれた」とも話していることから、相鉄は、ほかにも不正が行われていた疑いもあるとして調べている。

 相鉄によると、同システムの解除は各駅にある定期券の記録操作装置を使えば、他社の定期券を含め、駅係員ならだれでもできる。

 同システムを解除するのは本来、入場記録が誤って定期券に記録されていなかったケースに対応するためで、一定期間にわたって解除することは通常しない。同社は「一定期間の解除機能を全駅の装置で使えないようにしたい」としている。

スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕-警視庁(時事通信)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)

<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)

 名寄市長(北海道)ホテル・飲食業の加藤剛士氏(39)が初当選。前市議の高見勉氏(66)を破る。投票率は78.57%。

 確定得票数は次の通り。

当10540 加藤 剛士=無新<1>

  8833 高見  勉=無新

<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)
愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に(産経新聞)
国の不適正会計、メールで情報提供を…総務省(読売新聞)
同日選で政権選択を=参院福岡で候補擁立-みんな・渡辺氏(時事通信)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審-広島高裁(時事通信)

中国、日本人3人の死刑執行(読売新聞)

 【瀋陽支局】中国で麻薬密輸罪に問われ、死刑判決が確定していた武田輝夫(67)(名古屋市出身)、鵜飼博徳(48)(岐阜県出身)、森勝男(67)(福島県出身)の3死刑囚に対する刑が9日、中国で執行された。

 中国遼寧省政府は1日、3死刑囚の刑執行を日本側に通告していた。

 中国では6日、1972年の国交正常化後初めて、同罪で赤野光信死刑囚(65)(大阪市出身)に対する刑が執行された。

懲戒処分、こんな時に重くします…大分県が通達(読売新聞)
東海道新幹線と接触、男性負傷=一時運転見合わせ-JR京都駅(時事通信)
兜町のカード決済代行会社強盗、容疑の男3人逮捕(産経新聞)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)

<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)

 中国が日本人4人の死刑執行を通告したことを受け、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」(東京都千代田区)は5日夜、東京都港区の中国大使館前で、死刑執行停止を求める緊急アピールを行った。

 アムネスティ日本の職員が要請文を読み上げ、今回の死刑執行停止のほか▽死刑の執行状況の情報公開▽薬物や経済犯罪の死刑の適用除外▽公正な裁判を受ける権利の保障--などを求めた。

 要請文を大使館のポストに入れた後、「停止執行死刑」などと書いたボードを掲げ「中国政府は直ちに死刑の執行を停止してください」などと呼び掛けた。

 アムネスティ日本は6、7日も同様のアピールを行う予定で、「深刻な人権問題。日本政府は中国政府に執行停止を働きかけるべきだ」と話している。【松本惇】

【関連ニュース】
中国:日本の国民感情に配慮 死刑囚と面会
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
中国政府:3邦人近く死刑執行 外相、駐日大使に懸念
死刑:中国で1000人以上執行 アムネスティが報告書

<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
山崎さんシャトル、最終準備=「思う存分楽しんで」-今夜打ち上げ(時事通信)
入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
<殺人未遂>母親刺した疑い、15歳長男逮捕 京都(毎日新聞)
<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。