スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逮捕状なく逮捕」弁護側、裁判員に訴え 大阪地裁(産経新聞)

 知人男性を殺害したとして殺人などの罪に問われた無職、焼田具明被告(45)に対する裁判員裁判の初公判が11日、大阪地裁(樋口裕晃裁判長)で開かれた。焼田被告をめぐっては、大阪府警が逮捕前の参考人聴取の際、監視役の捜査員と一緒にホテルに宿泊させたことが明らかになっており、弁護側は「逮捕状がないのに事実上逮捕した重大な違法捜査」と訴えた。

 焼田被告は起訴内容を「間違いありません」と全面的に認め、謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で「大量の服薬をしたとの供述を受け、自殺防止のために同意を得て行った」と宿泊の正当性を訴えたが、弁護側は「被告は薬を飲んで自殺を図ったことはあるが、警察に話したのは後日」と指摘。裁判員に「司法を担う一員として、この件を判決文に記載した上、刑を軽くして、適正な捜査に回帰させてほしい」と要望した。

 起訴状によると、焼田被告は平成20年11月23日、大阪市浪速区戎本町のマンションで、知人男性=当時(33)=をナイフで刺すなどして殺害。その後、男性の現金や預金通帳などを盗み、通帳から現金を詐取したとしている。

【関連記事】
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題
小沢氏「起訴相当」やはり議員辞職すべきだ
「疑わしきは…」裁判員時代に指針示す 「母子殺害」差し戻し
選任手続き出席率61%、全国最低か 裁判員 那覇地裁
少子化を止めろ!

<医師法違反>偽医者を逮捕 免許ないのに勤務を志願…岩手(毎日新聞)
カキツバタ しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
<千葉県銚子市>08年9月休止の市立病院 診療を再開 (毎日新聞)
石破氏、普天間移設「自民も独自案を検討」(産経新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。